ビル管理とは

オフィスビルやショッピングセンターなど、大勢の人が集まる建物は、毎日事故が起こらないように設備の点検を行う必要があります。このような仕事をする人たちは、「建築物環境衛生管理技術者」又は「ビル管理者」と呼ばれています。 建物には、規模の大小にかかわらず色々な設備があります。個人が住む自宅レベルで考えてみると、電気、水道、ガスがありますが、大きなビルも同じ設備があり、それ以外にも保安や機械式の駐車場といった色々な設備が加わってきます。

大規模な建築物では、これらの設備保全やメンテナンスを日々管理する業務が不可欠になり、これらの仕事をする人のことをビル管理者とよんでいます。ビル管理者は、ビル管理会社で採用され、管理依頼を受けたそれぞれの建物へ派遣されることが多くなっています。 ビル管理者の主な業務は、身近な例で説明すると次のようなものになります。建物内の清掃、ゴミ処理、ねずみやゴキブリなどの害虫駆除、切れた照明の交換、エアコンの作動具合の点検、故障時の対応、オフィスのレイアウト変更に伴うOA機器の配線工事など、これらの業務を実際に行うことや、業者を委託する手配を行うことなどをします。

「ビルの困りごとの何でも屋さん」的な仕事をするビル管理士の仕事に就く為には、必要とされる資格を取得し、現場経験を積まなければなりません。ビル管理業務とは何か、ビル管理者はどんな仕事をしているのか、このサイトでは、ビル管理者になるために必要な資格やビル管理の秘訣について紹介します。

ビル管理とは

ビル管理者は、建物内の設備の点検やメンテナンスを行うため専門知識が必要になります。そして業務には、資格がないと出来ないものもあります。 ビル管理業務の中身は、電気、消防、熱源、管理、通信に分けることが出来ます。電気は、自家用工作物以外の電気・・・

ビル管理の上達のコツ

ビル管理者は、建物管理に必要な業務なのでハローワークの中でも求人数が多い職種です。景気の動向により給与が上下することはありますが、地道に仕事を続ければ長く働ける仕事でもあります。実際にビル管理者として働いている人達の平均年齢・・・